スパートをかけよう

いままでかんがえていたけいかくや、ゆめをじつげんするには、いまがチャンスのときかもしれない。

スパートをかけることで、もくひょうにどんどん近づいていくはず。

人をおもいやるきもち、ほしいものをてにいれようとするときの判断をあやまってしまうと、さいあくなじたいにもなりかねないからちゅういしよう。


じぶんのじかんやたのしみをたいせつにしたいのはわかる。

しかし、あいてはいっしょにいたいとおもっているはずだから、どうしてもすれちがいぎみになってしまう。

うわべだけでふるまうよりも、あいてをたてるきづかいを忘れないように。

ざんぎょうのときなどにさしいれをしたり、食事をしたときにはわりかんにすれば、高いポイントがえられるでしょう。

しゅどうけんは、あいてにまかせておいたほうがあんたいだ。

セックスはときどきセーブするほうがおたがいのためにいい。


げきてきなてんかいがまっているかもしれない。

こうさいちゅうの人がいるのに、他の人をいはげしくもとめてしまったり、きんだんの愛にふみこんでしまうかもしれない。

マンネリかしていることにあきてしまったのかもしれない。

それが一時的なかんじょうであれば、なんのもんだいもないのだが。。。

ふかいりしてしまうと、あとにはもどれなくなってしまいそうだ。


いつまでも、平凡なげんじつがつづくとはかぎらない。

まわりの人からはいいかんけいに見えても、じっさいはとても悪いじょうきょうのときだってある。

いろいろななみがあって、それをのりこえてこそけっこんにつながるしあわせを手に入れることができるはず。
[PR]
by j0a3q8z4 | 2013-04-10 22:20 | 雑記