出会いはたいせつ

人間関係にへんかがあり、交友関係を広げるチャンスがありそうなときには、そんな出会いはたいせつにしなきゃいけないよ。

まず、はじめは相手を信用するところからだよな。

時間がかかってもいから、こっちの誠意をみせていけばきっとだいじょうぶださ。

ほんとうにこまったときに頼りになる存在になるかもしれないし。。。


すぐに決断して実行にうつすことで、多くのことがだれよりも先に成功することができる。

そんな魅力がふえていくと、みかたとなる人間もふえてくるだろう。

だから、ひとりよがりな考えはげんきんだとおもう。

まわりのひとへのマーケティングも怠らないようにしよう。

相手の好みを知っておく必要もあるからさ。


ライバルの挑発を受けたり、ぬけがけをされたりしても、けっしてあせってはいけないよ。

まずは、ライバルのお手並み拝見と余裕をみせるといい。

そうすれば、あいてが拍子抜けしてしまって、自分から墓穴をほってしまうかもしれない。

そうなったときにのし上がっていければいんだよ。

がむしゃらにがんばってみるのも悪くはないけど、ライバルと同じ事をやっていてはぜったいに勝負には勝てないのだからさ。


ふたりっきりなったとたんに、官能小説のような世界がくりひろげられたりしたらおどろく。

でも、本能のままにせっするしかないんだよな。

けっきょく、よろこびをたんのうできるし、幸せだって思うことも出来るんだけどさ。

こんなときに、うそついたってしょうがないし。

正直にあいてのことを受け入れたり、自分をうけいれてもらえたら、こんなうれしいことなんてないはずだよ。
[PR]
by j0a3q8z4 | 2013-10-14 23:01 | 雑記